首・頚椎

顧問医の意見書を添付した異議申立によって後遺障害の等級を獲得して大幅な増額を得た主婦の案件

保険会社提示額

50万円

最終獲得額

400万円

ご相談内容

被害者 30代主婦
部位
傷病名 外傷性頚部症候群
後遺障害等級 14級
獲得金額 400万円

赤信号で信号待ち中に後続車に追突された。首のむち打ちで半年間治療したが痛みが治らない。保険会社からの提案が低いと思うのだが増額できないだろうか。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14級
入通院慰謝料 50 110 60
休業損害 0 80 80
逸失利益 0 100 100
後遺障害慰謝料 0 110 110
合計 50 400 350
単位:万円

保険会社の提案は、明らかに低く不当と考えられる提案でした。また、事故の状況、通院の状況、依頼者の症状を考慮すると、後遺障害認定の可能性がある案件でした。

そこで当事務所は自賠責調査事務所に対して後遺症認定の手続をおこないましたが、最初の認定では後遺障害の等級が認められませんでした。

しかし、当事務所は等級の獲得をあきらめず、当事務所の顧問医に意見書の作成を依頼し、その意見書を添付した上で異議申立の手続をおこないました。

結果として、異議申立が認められ、後遺障害14級の認定を獲得しました。また、依頼者は主婦で仕事はしていませんでしたが、家事従事者としての休業損害を請求してその分も賠償金に上積みさせました。

解決内容

入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、休業損害(家事従事者としての休業損害)、逸失利益を合わせて350万円の増額を得て400万円の賠償金を得ました。

所感(担当弁護士より)

交通事故事件においてむち打ちの症状は非常に多いですが、むち打ちは外傷性の所見があらわれないことが多いので、痛みが残っても後遺障害の等級が認められないということも少なくありません。

当事務所は後遺障害等級獲得のサポートを専門にしており、事務所に顧問の整形外科医を置いています。

本件は、顧問の整形外科医の意見書が功を奏して後遺障害の等級を獲得し、賠償金の大幅な増額を得た案件です。また法律上、仕事をしていない主婦であっても休業損害は認められますが、弁護士を介入させない段階ではこの休業損害を保険会社が支払ってこないことも多いので、この点においても増額を勝ち取ることができました。

代表弁護士 津田岳宏(つだたかひろ)/昭和54年生/京都女子大学付属小学校卒業/東大寺学園中・高等学校卒業/京都大学経済学部卒業/平成19年9月弁護士登録/平成26年6月京都グリーン法律事務所を設立

賠償金が増額出来なければ報酬は一切頂きません

着手金無料/完全成功報酬/時間外・土日祝対応

京都・滋賀/全域対応

交通事故の無料相談はこちら

0120-543-079
受付時間平日 9:00 - 22:00 / 土日祝夜間対応可

24時間365日対応/無料相談申込フォーム