過失割合の決め方と納得がいかない場合の対処法

代表弁護士 津田 岳宏 (つだ たかひろ)

今回は、交通事故における「過失割合」について基本的な説明をしていきます。

過失割合とは、交通事故が発生した際の責任の割合で、過失を簡単に説明すれば、予期できたにも関わらず注意を怠ったということ。そして、この過失割合次第で損害賠償額が左右します。

お金に直接的に関わることから、過失割合は交通事故において重要な意味があるのです。

過失割合の決め方とは

では、過失割合はどのように決めていくのでしょうか?

過失割合は当事者間で協議するだけでなく、事故当時の状況、そして過去の裁判例などを用いて決めていきます。

ということは、すでに状況毎に多くの事例や裁判例が出そろっているため、普通は著しく不利な過失割合を押し付けられるといった心配はほとんどありません。

しかし、それでも納得がいかない提案をされる場合や、実は不利な過失割合を押し付けられていることに気付けていない場合もあるのです。

過失割合は警察が出すものではない

事故当時の状況が基準になるということは、当事者間だけでなく、その場に立ち会った警察にも介入する余地があるのでは?と感じますが、過失割合は警察が出すものではありません。

警察が事故現場で行うのは、事故状況と事実の確認、そしてそれらの記録です。

よって、警察が損害賠償金に関わる手続きに携わることはありません。

いくら納得いかない過失割合を提案されたからといって、警察官に頼っても意味がないのだと覚えておきましょう。

過失割合の知識を補うのは大変

上記のように、納得いかない過失割合を提案されたからといって警察に頼る事はできません。

しかし、現実に過失割合を巡って対立するケースは多く見受けられます

特に、自身で交渉を行っている場合、専門知識不足や、過失割合の基本的なパターンがわからないことが原因になりやすいです。

そこで、自主的に書籍などを購入することで、専門知識不足を補ったり、過失割合についての事例を知ったりすることは非常に有効な手段です。

しかし、どうしても時間と手間がかかってしまい効率的とは言えません。

過失割合の相談は当事務所に

そこで、こういった場合は必ず弁護士といった交通事故問題のプロに相談し、提案されている過失割合が本当に適正かどうかを検討してもらってください。

過失割合については、保険会社に一方的に決めてしまわれないように、必ずプロの意見をワンクッションさせるようにしましょう。

もちろん、当事務所でも過失割合についてのご相談を受け付けております。

一つ一つの事情を細かく聴取させていただき、適正な過失割合を導き出しますので、ぜひご相談ください。

代表弁護士 津田岳宏(つだたかひろ)/昭和54年生/京都女子大学付属小学校卒業/東大寺学園中・高等学校卒業/京都大学経済学部卒業/平成19年9月弁護士登録/平成26年6月京都グリーン法律事務所を設立

賠償金が増額出来なければ報酬は一切頂きません

着手金無料/完全成功報酬/時間外・土日祝対応

京都・滋賀/全域対応

交通事故の無料相談はこちら

0120-543-079
受付時間平日 9:00 - 22:00 / 土日祝夜間対応可

24時間365日対応/無料相談申込フォーム