事故直後からサポートをして後に後遺症11級を得て多額の賠償金を獲得した事例

保険会社提示額

0万円

最終獲得額

2000万円

ご相談内容

被害者 40代会社員男性
部位 第1腰椎
傷病名 破裂骨折
後遺障害等級 11級
獲得金額 2000万円

バイクを運転したところ、交差点で自動車と衝突して腰椎を骨折した。怪我が大きく仕事を休まないといけなくなったので休業損害を請求したい。賠償もしっかりしてもらいたい

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 11級
入通院慰謝料 0 160 160
休業損害 0 162 162
逸失利益 0 1300 1300
後遺障害慰謝料 0 378 378
合計 0 2000 2000
単位:万円

本件は、交通事故直後からサポートさせていただいた事例です。

交通事故事件においては、法律事務所によっては「後遺症の認定を受けてから相談に来て下さい」と言われるような事務所もあるようですが、当事務所は事故直後からでもトータルサポートをさせていただいております。

事故直後から依頼いただくことで一方的な治療打ち切り等への抑止力になると共に、通院方法等をサポートをすることで後遺症認定の可能性も高まります。

本件では、休業損害をすみやかに請求して取得すると共に、通院方法、後遺障害診断書の作成等について詳細にアドバイスさせていただき、結果として後遺症11級を獲得しました。その後、慰謝料や逸失利益についても最大限の請求をおこない、賠償金の増額がされるように交渉しました。

解決内容

休業損害、慰謝料、逸失利益などで合計2000万円の賠償金を獲得しました。

所感(担当弁護士より)

大きな怪我を負ってしまった交通事故事件においては、仕事を休まざるを得なくなり収入が途絶える場合があります。そのような事件においては当事務所はただちに休業損害の請求をおこなって依頼者を経済的に救済するようにしています。

また怪我が大きい場合は後遺症が認定される可能性も高いところ、後遺症については認定される等級によって賠償金の金額が大きく異なってきます。

さらに認定された等級に基づき払われる賠償金も、弁護士を介入させる場合とそうでない場合とで金額が大きく変わってきます。

本件は事故直後から詳細なサポートをして、想定される範囲での最大の後遺症等級を獲得し、さらには慰謝料と逸失利益の増額にも成功して多額の賠償金を獲得した事例です。

代表弁護士 津田岳宏(つだたかひろ)/昭和54年生/京都女子大学付属小学校卒業/東大寺学園中・高等学校卒業/京都大学経済学部卒業/平成19年9月弁護士登録/平成26年6月京都グリーン法律事務所を設立

賠償金が増額出来なければ報酬は一切頂きません

着手金無料/完全成功報酬/時間外・土日祝対応

京都・滋賀/全域対応

交通事故の無料相談はこちら

0120-543-079
受付時間平日 9:00 - 22:00 / 土日祝夜間対応可

24時間365日対応/無料相談申込フォーム