外貌醜状の案件で非該当だったものを異議申立をして12級を認定させて大幅な増額を得た事例

保険会社提示額

50万円

最終獲得額

640万円

ご相談内容

被害者 30代会社員男性
部位 頭部
傷病名 外傷性くも膜下出血
後遺障害等級 12級
獲得金額 640万円

自転車に乗っていたところ、自動車から衝突されて頭部を負傷した。脳挫傷とくも膜下出血の診断が出ている。最近治療が終わったのだが、保険会社から低い金額の賠償案を提案されて納得いかない。

重たい後遺症が残っているわけではないが、可能な限りの賠償金を取得したい。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 なし 14級
入通院慰謝料 50 100 50
休業損害 0 0 0
逸失利益 0 250 250
後遺障害慰謝料 0 290 290
合計 50 640 590
単位:万円

受任した後、後遺障害診断書を作成してもらい、申請をかけました。

しかし1回目の申請においては、頭部CT・MRI画像に異常所見が認めれないことを理由に非該当の結果が出ました。そこで、当事務所は全ての記録を顧問医に見せて、異議申立の可能性を探りました。顧問医によると、確かに明白な病変がないので、神経症状についての後遺障害の認定は難しいとのことでした。

しかし、受傷によって残った前額部分の傷跡について外貌醜状としての後遺障害認定の可能性があるのでこれをメインに異議申立すべきとのことでした。そこで、当事務所は外貌醜状で後遺障害が認定されるべきとの意見書を作成して、異議申立を行いました。

結果としてこの申立が認められ、後遺障害12級14号を獲得しました。その後、慰謝料、逸失利益等で弁護士基準での請求をしました。外貌醜状の逸失利益について、保険会社は被害者が男性であることを根拠に争ってきましたが、当事務所は本件醜状が目立ちやすい顔面部分にあること等を根拠に粘り強く交渉し、一定の金額を認めさせました。

解決内容

通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益、などで合計640万円の賠償金を獲得しました。当初の提案より500万円近くの増額となりました。

所感(担当弁護士より)

交通事故で支払われる賠償金の金額は、後遺障害の認定の有無で大きな影響を受けます。本件では後遺障害が認定されたことにより、当初の提案より500万円近くの損害賠償金の獲得に成功しました。

後遺障害には、様々なパターンがあります。脳挫傷やくも膜出血の場合は、通常は神経症状が問題になりますが、本件のように外貌醜状で認定されるパターンもあります。適切な後遺障害を認定されるためには、高度に専門的なサポートが不可欠です。本件は当事務所の顧問医によるアドバイスが大きな力を発揮した案件です。

代表弁護士 津田岳宏(つだたかひろ)/昭和54年生/京都女子大学付属小学校卒業/東大寺学園中・高等学校卒業/京都大学経済学部卒業/平成19年9月弁護士登録/平成26年6月京都グリーン法律事務所を設立

賠償金が増額出来なければ報酬は一切頂きません

着手金無料/完全成功報酬/時間外・土日祝対応

京都・滋賀/全域対応

交通事故の無料相談はこちら

0120-543-079
受付時間平日 9:00 - 22:00 / 土日祝夜間対応可

24時間365日対応/無料相談申込フォーム