後遺障害14級が認定されている案件で、既に依頼していた弁護士に不信感があるという相談を受けた上で当事務所が新たに介入して、依頼者の納得いく内容で示談した案件

首・頚椎

椎弓骨折 14級

保険会社提示額 最終獲得額
0 350

ご相談内容

被害者 40代会社員女性
部位 背中
傷病名 椎弓骨折
後遺障害等級 14級
獲得金額 350万円

1年前の交通事故で、背中を骨折する等の受傷をした。

その後、弁護士に依頼して後遺障害14級が認定された。この等級が妥当なのか知りたい。

今頼んでいる弁護士は、75万もらって終わりにしようなどと言っており、早く事件を終らせたい感じで不信感がある。交通事故にあまり詳しくないようなので、可能であれば弁護士を替えたい。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14級 14級
入通院慰謝料 0 90 90
休業損害 0 60 60
逸失利益 0 100 100
後遺障害慰謝料 0 100 100
合計 0 350 350
単位:万円

当事務所は、現在依頼している弁護士を解任するのであれば引き続きで受任するのが可能であること、当事務所には顧問医がいるので受任した場合は認定されている14級が妥当であるかの調査を顧問医に依頼できること、75万円というのは後遺障害14級で自賠責から支払われる最低限の金額であり当事務所が介入すればそれを上回る金額の損害賠償金を取れる見込みがあること、を相談者に伝えました。

その後、相談者が依頼していた弁護士を解任したというので、当事務所が新たに受任して業務を開始しました。

まずは、事件の資料を全て顧問医に見せて、14級の認定が妥当であるかを問い合わせました。顧問医によると、本件では画像上の変性が乏しく、また筋萎縮等の他覚所見も乏しく、14級を超える等級の認定は困難であるということでした。当事務所がそのことを相談者に伝えると、相談者は納得しました。

その後、14級を前提に弁護士基準での損害賠償金の請求をおこない、それを前提にした相当額での示談が成立しました。

解決内容

入通院慰謝料、休業損害、後遺障害慰謝料、逸失利益等を合わせ、合計で340万円の賠償金を獲得しました。

所感(担当弁護士より)

弁護士には個々に得意な分野とそうでない分野があります。当事務所は受任している事件の99%以上が交通事故事件の被害者側請求での事件であり、この分野に特化した法律事務所です。

現在依頼している弁護士が交通事故に詳しくなさそうなので弁護士を替えたいという相談もよく受けます。本件は、そのような案件で最終的に依頼者が納得いく示談ができて依頼者に喜んでもらった案件です。

その他の解決事例

無料相談申込みフォーム
事務所案内
弁護士法人コールグリーン 京都オフィス

京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町577-2
太陽生命御池ビル2階

京都オフィスはこちら
弁護士法人コールグリーン 吉祥寺オフィス

東京都武蔵野市吉祥寺本町
2-8-4
コスモス吉祥寺ビル 2F

吉祥寺オフィスはこちら
トップページへ